吃音 ( きつおん )

私は 吃音症  ( きつおんしょう )です。

吃音症とは、大きく分けて、連発 (こ、こ、こんにちは)、伸発 (こーーんにちは)、難発 (……こんにちは)というような、喋り方の症状となります。

私は主に連発ですが、連発をしないよう喋ろうとすると伸発か難発になりました。

学生の頃は吃音を真似されたり、思うように喋れずとても辛い思いをしました。人前で喋る場面や大きな声を出すこと、自己紹介さえも苦痛でした。また、歌うことも苦手でした。


吃音の原因 として発声障害、心の障害、発達障害など様々な事象がいわれております。

「障がい」と言ってしまえばそれまでですが、私自身は障がいだと思っておりませんし、改善しようとする際に当人の意識として「治療」と感じると、自分は病人なのか?と思い込んでしまう人もいるようです。


本当に周りの理解が大切。なのですが、実際は初対面の方含め現実はなかなかうまくいかない場合もあります。


ただ、自分が変わることで、周りが変わります。


私は、レギュラーラジオ番組を3本、特番の進行、テレビ収録やメディアへゲスト出演、企業の商品プレゼン、セールス業界で働き事業所内でお客様対応トップを獲得、ボイストレーナーも経験し、今も音楽の演奏時など人前でMCもしております。

人前もそうですが、特にメディア関係は吃音が「噛む」とみなされてしまいますが、吃音だとしても聞き手さんに極力違和感のない話し方も経験の中で身につけました。

上記のこともあり現症状としては、周りの方には気付かれにくい症状にまでとなり、現在は主に「人前で話すこと」「伝えること」をお仕事とさせて頂いています。


吃音であり前に進めないこともありました。

ただ前に進もうとすることで得るものはその人だけのものです。

なぜ 私だけ... なぜ 僕だけ...

吃音症の辛さは吃音症の人にしかわかりません。しかし、わかろうとすることはできます。

最初の一歩を踏み出すことは大変です。

私自身が体験した辛いことも楽しいことも、同じ思いをする方に少しでもお力になれればと考え、自然豊かな松本市に「まちのレッスンスタジオ カワフネ」を開校いたしました。


私は音楽を通して、心や発声が変わり、吃音のせいで自分自身の気持ちが落ちないまでに克服しました。

だからこそ治療ではなく「レッスン」として、経験上の話し方や音楽を交え、リズムや発声練習等々のその方に合わせた柔軟な支えができればと考えております。

私はギタリストでありますが、ボイストレーナーの前は音痴で歌うことが苦手でしたので、音楽に抵抗がある方もご安心ください!年齢は問いません。


まずは体験レッスンで実際にお話して頂くことも可能ですので、お気軽にご連絡ください!


➡︎講師プロフィールはこちら⬅︎

➡︎レッスン料の詳細はこちら⬅︎

➡︎体験レッスン・各種お問合せはこちら⬅︎


長野県 松本 松本市 吃音 吃音症 治療 改善  

まちのレッスンスタジオ カワフネ

【レッスン内容】松本 ギター ボイトレ 吃音 吃音症 伝わる話し方へ ビジネスボイストレーニング 歌 カラオケ上達 音痴 克服  リズムトレーニング 腹式呼吸 弾き語り ウクレレ ベース レンタルスタジオ 松本市 ギター教室